麻生花帆ヘッダー
麻生花帆ヘッダー サイトマップ お問い合わせ
麻生花帆ヘッダー Biography Schedule Gallery Collaborative Projects Blog
Blog « おっとっと・・・ | メイン | 彫金教室 vol.4 »

2010年10月14日


彫金教室 vol.3

IMG_2598.jpg
前回マジックで模様を描いたところを実際に掘ったり打出すとこんなに立体的になります♪

右上と左下は、「葉と実」をデザインし、左上と右下のリボンは「蔦」の様な創作したモチーフですが、手法をそれぞれ変えました。
先生方とお話ししているうちに、色々な技法が有ることを教えて頂き、折角ならどちらもやってみたい!!と思って。

「葉と実」は周りを落してモチーフが表に浮き出るようにしました。
そして、「蔦」の方は逆にモチーフそのものを掘るようにしてたがねで叩くことで、その部分を凹ませます。


IMG_2603.jpg
どうでしょう?
とても立体感が出て気に入っています!!
葉脈や、リボンの折り返しているところ、リボンそのものも異なったたがねで地模様を付けて表情を出します。これは全く素人の私には見当も付かず、「ああしたい、こうしたい!」と我が儘を申し上げたところ、前田先生がそれ以上に素晴らしく仕上げて下さいました(^.-)☆


IMG_2610.jpg
さてさて、欲張りものの私は只でさえ遅れているにも拘らず、石を付けたいなぁと思い、何処にどの石を配置するか思案中です・・・
アンティークジュエリーでは「regard」の意味を表すのに、石の頭文字を取ってルビーやエメラルド、ダイヤモンドなどを使っているものが多々あります。
それに因んで私は「pur âme」と入れたかったのですが、"u"から始まる宝石って殆どないんですね・・・


IMG_2616.jpg
石の種類や入れる場所によって、随分印象が変わります。
さて、どうしようかしら・・・?

日時: 22:21 | コメント (2) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kaho.jp/MT/mt-tb.cgi/669

コメント

彫金てなんだかすごく魅力的(^^)
途中の工程を見たのが初めてだったので
ワクワクとっても可愛く仕上がるもの
なのですね☆

私的には下の(真ん中だけにストーン)方が
彫金の模様が映えるようで好きだなあ(^^)
なんて言ってしまいました・・・汗

そうなんですよ!私も全く知らない世界でしたがとても面白く、身近に感じることが出来ました。

アドバイス有難うございます!実はもう完成してしまっているのですが、どの様になったか・・・
楽しみにして下さいね♪

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

 

トップページへ戻る

Kaho
藤舎花帆 Tosya Kahoページへ 麻生花帆 Aso Kaho ページ