麻生花帆ヘッダー
麻生花帆ヘッダー サイトマップ お問い合わせ
麻生花帆ヘッダー Biography Schedule Gallery Collaborative Projects Blog
Blog « 情景の浮かぶソプラノ歌手、田村麻子さん♪ | メイン | リフレッシュ! »

2010年06月20日


染めに挑戦!

型紙.jpg
オリジナルの手拭は何種類か作って頂いたことがあるのですが、今回は自ら染めに挑戦します。
真白の手拭に、この型紙を使って絵柄を写します。これは先生が掘って下さったものですが、好きな模様を自由に掘ることでどんな柄でも染められます。
小学生の時に江戸小紋を染める様子を見学したことがありますが、それを思い出してわくわくしました。


糊置き.jpg
特殊な糊を型紙の上から乗せて行きます。この糊が付いた所は染まらずに白が残ります。
糊の量が多くても少なくてもいけないのですが、へらの角度を調整しながら段々感覚を掴んで来ました!


糊置き1.jpg
2種類の型紙を使うことにしたのですが、細かいことに拘ってしまう私の性格上、型紙を微妙に回転させつつ同じ模様にならない様にしています。三角の向きが一つとして同じ所はありません(^.^)


糊置き2.jpg
糊置きだけで相当な時間を要してしまった様な気もしますが、下準備は完了です。
1枚目は市松模様にしてみました。


色見本.jpg
次は染めに入りますが、どの色にしようかなぁ。
この大きさで見るのと、大きな1枚になった時と印象が全く変わるので、いつも悩みます。
素材によっては同じ染料でも違う雰囲気の色に染め上がることはしばしばあるので思案のしどころでしょうか・・・


染めテスト.jpg
結局、一番好きな紫色に染めたいので、テストすることにしました。
しかも、薄い色から濃い色へのグラデーションにしたいとリクエストしたら、今回のやり方では難しいかもとのことで、時間差で挑戦してみます!!
「三人よれば文殊の知恵」ではありませんが、アイディアをリクエストするだけの私。技法を考えて下さる田中直輔さん、教えて下さる加賀城先生との3人で力を合わせて理想実現へ向けて盛り上がっています!


いざ染め.jpg
失敗は許されません!!さあ、意を決して染料の中へ・・・


段染めに挑戦.jpg
時間を確認しながら、少しずつ引き上げて行きます。
綺麗な色に染まり始めました!!
「楽しい〜!!!」と一人興奮しています。
出来上がりは後程(^.^)


2枚目1.jpg
2枚目は始めにピンクと黄色の水玉を染めて下さっていたものに、更に色を重ねるために糊を置いていきます。
今度は雰囲気を変えて薔薇にしました!


2枚目完了-1-1.jpg
このままでとても可愛らしいので、なるべくこのままの色を残したくて、型紙を置く位置をとても悩みました。水玉からわざと外してみたり・・・


2枚目相談中.jpg
ピンクや黄色に色を重ねて綺麗に発色するのは何色だろうかと相談中です。
過去の記憶を懸命に呼び起こしながら・・・
水彩絵具でもともと無い色を作るとき、何色と何色を混ぜたらどんな色になったのだったかしら・・・

時間を確認.jpg
色見本よりも薄い色にしたいので、何分漬ければ良いかしら・・・と時計を眺めながら計算しています。わがままを聞き入れて下さっている加賀城先生です!
さて、何色を選んだのでしょうか?


2枚目2.jpg
こんな仕上がりになりました!
大正ロマンの様な感じです。水玉からずらした所が白く残りました。
左上の黄色はおぼろ月夜を格子戸から覗いているイメージだったのですが、どちらかと言うと蛍の光を格子戸からみている印象でしょか?
予想していたより、くどくならずに仕上がって良かったです♪
想像通りの結果が出たり、違っていたけれど却って期待以上の良いものになっていたり・・・
面白いですね!
陶芸のルーシー・リーさんではないですが、染料もどの色をどの位混ぜて、何分漬込んで、部屋の湿度と温度は・・・と実験リストを作らなくては行けませんね♪


3枚目1.jpg
さて、3枚目です。
今度は始めにストライプで染め上げられた綺麗な手拭に更に色を重ねます。
糊置きはすっかり慣れて来ました!


3枚目完了.jpg
最後の1枚は見立てた川を挟んで、月と太陽を描きました。
バランスを考えながら、太陽は半分ずつの色が出る様に、月は黄色が残るように慎重に場所を選びます。
日月以外はシンプルに見せたかったので、同じ型紙を同一方向で置きました。
もともとがこんなに綺麗な色なので何色に染めようか一番悩みます。
最も期待と緊張を持って染めた1枚です。


糊洗い.jpg
染めた後は水で綺麗に糊を洗い落します。
拘りの月の具合はどうでしょうか・・・?


3枚目完成.jpg
完成!!!!!
漆黒の闇夜に浮かぶ月と太陽。上手く仕上がれば太陽は上弦の月にも見えるかなと狙ったものです。
始めとは全く印象の異なる色に上がりましたが、その予想外な所が好評の1枚になりました。
川と言うよりは惑星のようですね。


全て完成!!.jpg
正にオリジナル、私だけの1枚です!あ、合計3枚作ったんでした・・・
大変お世話になった加賀城健さん、本当に有難うございました。
とても楽しく、また満足のいく作品が出来ました!!
額縁に入れて飾りたい気分です。
次回はどんな作品にしましょう(^.-)☆

京都、田中直染料店で実際に手拭を染めることが出来ます。
どうぞお近くにいらした時は体験してみて下さい。
http://www.tanaka-nao.co.jp/1006kousyuu.html

日時: 16:01 | コメント (5) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kaho.jp/MT/mt-tb.cgi/616

コメント

あの時の光景が、今ふたたび浮かんでまいりました。
お気に入りの3枚になって、手ぬぐいも喜んでいることでしょう。
次回はお約束いたしました、花帆さんの鼓模様の型を準備してお待ちいたしております。

その節は大変お世話になりまして有難うございました!
正に思い出の三品です。
次回も楽しみにして居ります♪

BPLブランドの手ぬぐいを作りたい。いい感じのやつをお願いします。

いや素敵な手拭やん。よろしおしたなぁ!
準備て誰がしますねん?

Mas Attackerさま
BPLの手拭!!外国のお客様だからとても喜んで貰えそう!! 素敵なのを作ります♪ ロゴマークは入れるよね?

そうこう先生
と言う訳で新たな注文が入りました(^.^)
そうどすなぁ、サッカーの日本代表サポーターにも負けへん協力な皆様のお力添えやろかぁ。
よろしゅうお願いします(^.-)☆

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

 

トップページへ戻る

Kaho
藤舎花帆 Tosya Kahoページへ 麻生花帆 Aso Kaho ページ